くすみが気になる人のクレンジング選びとは

subpage01

スキンケアの一つであるクレンジングは毛穴にこびりついた皮脂、ファンデーションを初めとしたメイクなどの油性汚れの洗浄に欠かせません。

オイルやリキッド、ミルクなど様々な種類があり、最近では敏感肌や乾燥肌を緩和する効果のある商品もあると言われます。

あなたに合ったクレンジングのくすみにまつわる情報をまとめています。

くすみもクレンジングを使用することで状態を緩和可能です。



肌に透明感がない、明るさやツヤが感じられないといった状態であるくすみは様々な要因で発生します。


しかし大抵の原因は古い角質が皮膚の表面に残って厚くなってしまったことが挙げられます。



角質肥厚とも呼ばれるこの要因は肌のターンオーバーが低下することで発生しやすくなります。

古い角質を除去してターンオーバーを促すのがくすみ緩和の対策であり、クレンジングは角質除去成分を含有したものがおすすめです。


グリコール酸やサリチル酸、尿素などの成分が適しておりどれも古い角質を柔らかくする作用があります。

グリコール酸はピーリングに使用される成分であり角質を除去したり、血行を良くします。しかしその反面肌への刺激が強いので使いすぎには注意が必要です。

サリチル酸も同様に肌に刺激が強いですが、グリコール酸より肌に浸透しやすい特徴があります。
ハンドクリームにも扱われることのある尿素は角質を柔らかくする以外に保湿効果があり、乾燥肌が気になる人におすすめです。
くすみ緩和のクレンジングは全体的に肌に刺激が強い成分を含んだものが多く、洗顔時は余計に皮膚に負担をかけないために擦らず丁寧に洗浄しましょう。